2014年3月9日日曜日

チャンネルとコマンドって?

スクリプト製品を使用しようとすると、けっこう出てくる
チャンネルコマンドという言葉
「/1 Start」と発言すると動き出します。
というような説明…

自分もスクリプト製品の説明書には良くそういう表記をしますが
意味がわからずに説明に書かれているままに何となく使っている方が多いようで(^^;)

チャンネルとコマンドが固定されていて
説明に書かれている通りに発言すれば良い場合には問題ありませんが
自分でチャンネルやコマンドを設定しなければならないようなツールを使用する際には、
意味がわかって使うのと、わからないまま使うのでは
使い勝手に多少差が出てきたりしますので、ちょっと説明…

【チャンネルとは】
無線やラジオの周波数のようなものです。
無線もラジオも周波数を合わせないと聞くことが出来ませんよね?

チャンネルも同じで
通常のチャットでの会話は、チャンネル0(PUBLIC_CHANNEL)を使用しています。
チャンネルは-2147483647から2147483647まであり
0以外のチャンネルで発言された言葉は、ローカルチャットには表示されません。
(例外?で、チャンネル2147483647(DEBUG_CHANNEL)の発言はローカルに表示されます。)

0チャンネル以外のチャンネル… チャンネル1で発言したい場合には
発言したい言葉の前に「/1」と付けてチャット欄に打ち込むことで、チャンネル1で発言することが出来ます。
※但し、通常チャットでは負のチャンネルは使用できません。

【コマンドとは】
スクリプトを動かすための、スクリプトとの間の合言葉のようなものです。
スクリプトがその合言葉を聞き取った時に、指定された処理を実行します。

そして、スクリプトはチャンネルを指定してあげなければ発言を聞き取ることが出来ません。
(正しくは発言を聞き取るための処理を入れてあげなければ…ですがw)


例】
チャンネル1で「Hello」という言葉を聞いたら、「こんにちは!」と答えるように書かれたスクリプトでは
「/1 Hello」とチャットで発言すると、スクリプトが入ったオブジェクトから「こんにちは!」という発言が返ってきます。

チャンネルはスクリプトの周波数
コマンドはスクリプトに指定した動作をさせるための合言葉
その2つを組み合わせて、外部からある程度スクリプトをコントロールすることが出来る…
スクリプトのスイッチを入れるの方がわかりやすいでしょうか?
まぁ、そういう役割のものですw

チャンネルは数字のみ
コマンドは…ぶっちゃけ日本語でも何でもありですが
できれば半角英数字の組み合わせで
スクリプトで良く使われるような記号(/ \ , | ; " = [ ] ( ) 等)やスペースは使用しない方が無難かと思います。

(。-`ω´-)ンー
こんな説明で伝わるかな?(^^;)



さて、ここからはチャンネルとコマンドを良く使う
主にショーダンサーさん向けのお話になりますが…

自分用のチャンネルを決めてしまって
何を作るにも必ずそのチャンネルを使っているというのをよく耳にします。

そして、Aを消したら同じチャンネルとコマンド設定していたBも一緒に消えちゃった
そっちはまだコピー取ってなかったのに><

なんて話も良く耳にしますw

コマンドは何をするためのコマンドなのかわかりやすいようなもの…となると
毎回似たり寄ったりになってしまうもの
チャンネルを決めてしまうと覚えやすいというメリットはありますが
そういう危険が増すだけですよね(^^;)
むしろ、固定にしてしまうことで発生するリスクの方が遥かに高くなってしまいます><

チャンネルとコマンドで操作するような人は、コマンド発言できるツールを使ってボタンを押せばいいだけというようにしているのではないかと思うのですが…
そうすると、殆どの場合設定用ノートカードなり、自分で書いたスクリプトなり
どこかに設定したチャンネルとコマンドが保存されているということになります。

わからなくなったらそれを見ればいいだけなので
チャンネルもコマンドもいちいち覚えておく必要は無いワケですw

チャンネルとコマンドを設定する時に重要なのは、出来るだけ他と被らないようなものを設定するということ

スクリプトの処理的にも、同じチャンネルで動くものが多ければ多いほどコマンドが発言された時にかかる負荷が高くなる(同じチャンネルで設定されたスクリプトが発言されたコマンドが自分に登録されているかどうか探すという処理を一斉に行うため)ので
自分のためにもSIMのためにも、ショーダンス限定で言えば演目毎
更にはセット用、シート用…とひとつの演目内でもチャンネルを変えるとか
出来るだけ違うチャンネルを使うことをオススメいたします^^

まぁ、それぞれのやり方というのものがあるので
こうした方が絶対いいよ!ということではなく
スクリプトの負荷とかその辺りは、予備知識として覚えておいても損は無いかな~ということで^^

0 コメント:

コメントを投稿

Twitter Delicious Facebook Digg Stumbleupon Favorites More