2014年9月1日月曜日

「Visualive Theater Re:ON」始動!

…に向けて、只今準備中w

【Visualとは】
Visualive(ビジュアライブ)」という言葉を初めて目にしたという方がほとんどだと思いますが
「ダンスショー」「ショーダンス」と言われているもののこと
約2年前に開催されたショーイベントに友情出演してくださったとある建築家さん(過去記事見たらバレバレですが一応名前は出さないでおきますw)が、「ショーダンスという言葉はシックリこない」と考案してくださったもので、「Visual」と「live」をかけあわせた造語です。
そのイベントは、ストーリーのある演目ばかりを集めたイベントでしたので
ダンスに限らず、舞台演出やストーリー、世界観も含めた複合的なパフォーマンスショーを指す
と考えてもらえたらいいかなー…と思いますw
その辺りはけっこう曖昧だし、これがそうだと決めるのも難しいところではありますが(^^;)

当時はまだダンスメインという方が圧倒的に多かったので
その言葉が定着することなく現在に至ってしまいましたけど…w
ショーダンス業界では、それまで比較的緩やかだった変化が、今年に入ってから急激に加速してきているように感じています。
現在はセットや舞台演出に力を入れる方も多く、その演出も多様になってきていますので
「ダンスショー」「ショーダンス」という言葉では収まりきらない演目も増えていると感じます。
力を入れているのは「ダンス」なのか、「セット」なのか、「世界観」なのか、「演出」なのか、「総合的なもの」なのか…
演目の内容によって、表現したいことによっても変わるものだと思いますし
実際に自分もダンスを前面に出した演目もあれば、演劇色が強い演目もあり、セットの仕掛けに力を入れている演目など、様々なので
内容によっては、「ダンス」という言葉が「表現したいこと」を歪めて伝えてしまう場合もあるんじゃないかと思ったりする。

あ 誤解なきように、決してダンスメインを否定しているワケではありません(^^;)
それはそれで素晴らしい演目を作っていらっしゃる方がたくさんいますし、尊敬しております^^
どこにこだわりを持ち、何を表現するかはそれこそ無限の方向性があり
様々なタイプのパフォーマーがいる方が楽しいし、否定しあうところでも、牽制しあうところでもないと考えます。

私自身は最初からずっと、ダンスに拘らずエンターテイメント性を重視した舞台がやりたいのだと、自分の中にハッキリとあった(ある人からの刷り込みで、強迫観念のようになっているとも言いますw)ので
これまでは「パフォーマンスショー」という言葉を好んで使ってきましたが…
どんどん多様化していっている現在のショーを考えると
「Visualive」という言葉が一番ピッタリなんじゃないかなと、改めて思いを強くしているところです。

いや…、ずっとその言葉を密かには使っていたんですけどねw
(´-`).。oO(他にも「Visualive」という言葉を使ってくれる方募集中w)

【Re:ONの目的】
さて、前振りが長くなってしまいましたが(^^;)
「Visualive Theater Re:ON」
お店の形態としてはPuppetさんに近い感じで、劇場併設のカフェとして営業する予定です。

上演する演目や営業日は一切決めず、気まぐれにOPEN
ご来店下さったお客様に合わせて、その場で何を演るか決めたり
もしかしたらお話だけで終わることもあるかもしれません…という
行き当たりばったり、成り行き任せの営業となりますw

で…、このVisualive Theater Re:ONですが
現在所属させて頂いているcossette'さんとは姉妹店となり、私自身もcossette'の所属を抜けるわけではありません。

では、何故別の店を立ち上げる必要があるのかというと…
目的が全く異なるからです。

ここからあえて「ショーダンス」という言葉を使わせていただきますが
以前に比べると、ショーダンスに対する認知度はかなり上がったとは言え
まだまだ見たことが無いという人が多いというのも事実
そして、パフォーマー人口があまりにも少ないのも厳しい現実w

カフェとして営業するのは、ショーを知らないという方に見ていただいて
「こういうものがあるのか 他のお店のショーも観てみたい!」と思っていただくことができれば…
という部分と

ショーに興味があって、パフォーマーの話を聞いてみたいけれど
お店の営業中は他のお客様も大勢いる場だし、話を切り出すことが出来ない
直接IMするのも気が引ける…
という方がいらっしゃれば、話しやすい環境でゆっくりお話をさせていただきたい。

ショーを観ていただくことではなく、色々な意味で「知っていただく」ということを目的とした店にしたいと考えております。

上演する演目は、お客様も一緒にステージに上がって、ショー体験していただけるものを多く取り入れていくつもりです。
そこから自分もステージの上で自分の世界を表現してみたいな…という人が運良く現れてくれたらラッキーかな、とw

小さな小さなキッカケにすぎないかもしれませんし、キッカケにすらならないかもしれない
お客様が入らないってことも十分あり得ますw

が、何もやらないよりはいい

たった一人でもショーを「面白い」「また見たい」と思ってくれる人が現れてくれたら
他のお店のショーを見に行くこともあれば、お友達を誘って行くこともあるでしょう
その中からまたショーに興味を持つ人が現れて…という良い連鎖に繋がってくれるかもしれない

お店関係なくパフォーマーは皆、少しでもお客様に楽しんで貰いたい
良い演目をお届けしたいと頑張っているのだから、そうなると信じています。

アプローチ方法や店が違っても
ショーダンス業界全体が更に活性化することを願って、微力ながらも今の自分にできる事…
それが(演目用ツール販売も含めた)「Re:ON」という場所です。

そして、その気持ちに賛同して、協力を申し出てくれた奇特な有難い友人たちと共に
(´-`).。oO(中には家出したきり帰ってこない娘もおりますがw)
より良い演目をお届け出来るように、お互い切磋琢磨しながら頑張っていきたいと思います^^

もちろん、cossette'のステージも今まで通り頑張りますので
今後もどうぞよろしくお願い致します(、..)、 ペコリッ


…とは言え、色々あっていつOPENできるかはまだ見通しが立たずだったり(^^;)
一応10月末~11月頭頃にOPEN出来るよう、準備を進めてはいますが
計画通りには進んでくれないと思われますのでw

日程が決まりましたら、改めて営業内容やスタッフの紹介など
詳しいことをお知らせさせて頂きたいと思います(、..)、 ペコリッ

営業自体レアになることは確かだとは思いますが…w

0 コメント:

コメントを投稿

Twitter Delicious Facebook Digg Stumbleupon Favorites More